CRAFTSMAN SHIP 職人としての誇りを持ち

HIGH PRECISION より精巧を求めて

CANNING

加工~組立、そして据付まで!「ワンストップサービス」の製缶・組立部門

主に、鉄や一部ステンレスのアングルやチャンネル、角パイプや丸パイプをバンドソーで切断し、TIG溶接やMIG溶接で立体構造物に加工します。塗装やメッキなどの表面処理や組立、さらに据付までを行うワンストップサービスが当社の大きな強みです。

創業時から歴史と技術を重ねる、「製缶」

ナカノの技術はステンレスだけではありません。長らく当社を支えてきた「製缶」も事業の中心を担っています。設計と並び、創業時からの知見と技術を蓄えた歴史ある部門。タンクやフレームをはじめ、搬送関連商品の台車や安全柵、パレットが主力製品です。

コスト削減や納期短縮につながる、
製缶と組立の同居

製缶と組立が部門を共にするのには、きちんとしたワケがあります。それは技術者が立体的な鋼構造の成り立ちと、加工の優先順位を理解することで、機能性の維持に限らず、より効率的な作業を追求できるからなのです。お客さまにおいては、高品質化やコスト削減、納期短縮へと密接に繋がっています。

「景観にこだわった製品作り」は、
技術者が譲れないもの

景観にこだわった製品作りをモットーに、表面処理に力を入れています。直近では、デジタル溶接機や塗装乾燥機を相次いで導入。同業の中では珍しく、常温塗装や焼付塗装までも手がけ、お客さまの負担減に役立っています。また今後はこれらの新しい設備を活用した製品の企画・開発にも積極的に取り組みます。

総合的な知識と技術が求められる、搬送関連製品

台車やパレットの場合、1mm単位の精度を堅持しながら作らなければなりません。そのために、横・後・天井の三方向の面の対角を正確に出すことが求められます。溶接する順序や切断の精度など加工について総合的な知識と技術が、5~6mもの長尺のパレットの製作を可能にしています。