CRAFTSMAN SHIP 職人としての誇りを持ち

HIGH PRECISION より精巧を求めて

TOPICS

  • ノウハウ

溶接担当の石田さんに取材させていただきました!

こんにちは│´ω`)ノ

昨日、今日ととても暖かく(今日は風が強いですが)

ようやく春らしくなってきたなぁ(*´▽`*)と感じております♬

 

さて!今日は滑川工場の溶接のエキスパート

石田さんの溶接の技術をアップしていきたいと思います☆

長年の技術と経験値

今回ご紹介させていただきます、石田さんですが

お話を伺ってみると、

「溶接は個性が出るものなので、人によって全然違う」

と、話してくれました。

溶接棒の振り幅や、スピードが違うのだそうです。

手すりの溶接をします。

こちらは溶接の部分止めを終えた状態のものです。

写真では確認しづらいですが、3点留めてあります。

このくぼんでいる部分を平らにすることを意識しながら

溶接を行ってくのだそうです(´ロ`ill)

溶接ができました☆

…石田さん!さすがですね!!

くぼんでいた部分が平らになっていますΣ(゚ロ゚ )

併せて、動画を撮影いたしましたので

ぜひご覧になってみてください♬

↓↓

酸洗いが済みました。

酸洗いをして、綺麗になりました(´∀`艸)♡

石田さんはスライドダスポンの溶接も担当しております。

スライドダスポンの溶接も機会があればアップをしたいと思います!

 

ホームページを見て少しでも興味を持たれた方は
㈱ナカノまで気軽にお問合せ下さい☆
メール・お電話、お待ちしておりますヾ(。・v・。)♪